市場の状況

日本の人材不足は一段と鮮明になりつつあります。総人口は長期の減少期に突入。 労働人口に至ってはこの10年で約70万人減少しています。 一方、有効求人倍率は1.5倍を超え、高止まり。 ”売り手市場”のトレンドは継続し、人材採用の難易度はますます高まることが予想されます。 こうしたなか「優秀な外国人」の正社員雇用が活発化しています。 事実、日本国内で就業する外国人労働者は2016年には100万人を突破し増加傾向にあります。 外国人採用の必要性は高まり続けると予測されます。

知っていましたか?外国人採用の重要性

  • 右肩下がりの労働人口で 人材の確保がさらに困難に

  • 打開策は採用活動の海外進出! 急増する外国人労働者

こんな悩みをお持ちではないですか?

外国人を雇用する必要性を感じている企業様は多いはずです。 しかし、外国人の雇用は日本人を雇用するのと同じようにはいきません。 当社は企業様の疑問や不安を解決しながら外国人の雇用実現に向けて 力強くサポートしています。

  • 外国人のお客様に対応できるバイリンガル人材が 採用できない

  • 外国人の雇用実績がなく 受け入れ体制がない

  • 就労ビザの取得など外国人の 採用フローが分からない

  • 外国人を雇用するうえで コンプライアンス面に不安がある

独自のネットワークを活用し
日本語レベルの高い外国人を確保

日本語レベルを判断する基準とは?

外国人を雇用する際に問題なのが「言葉の壁」でしょう。 日本語を話せる外国人を採用したいと思う企業様は多いはず」

そこで基準となるのが「日本語能力検定」のレベルです。 階級としては「N」に向かうほど日本語の理解度が高いとされています。

よくあるご質問

  • 候補者となる外国人ビザの
    種類は?

    登録者のビザの種類は様々です。しかし企業様の採用基準に合わせて 就労制限のない永住者・日本人配偶者や技術・人文知識・国際業務ビザの人材のみの紹介も可能です。 他にも、留学・特定活動ビザをもつ人材を当社サポートによるビザ変更申請を行い、 技術・人文知識・国際業務ビザに変更して、紹介することも可能です。

  • 日本語レベルはどれくらい?

    紹介させていただくのは、日本語能力検定でN1・N2を取得している外国人です。 日本語でのコミュニケーションはもちろん、+αで中国語や英語を話せます。 労働人口が減り続ける日本において

  • 紹介料金が割高なのでは?

    完全報酬型のサービスなので、候補者の選定~内定までの費用は無料です。 そのため無駄な費用をかけずに外国人を採用することが可能です。

  • 採用が難しい地方でも
    紹介は可能?

    地方への紹介も可能です。採用が難しい地方エリアの雇用の創出にも貢献させていただきます。 また転勤が可能な外国人を多く抱えており、全国転勤がある求人での導入実績も豊富です。 地域を限定することなく外国人を雇用したいすべての企業様をサポートしています。